2017年06月15日

新作進行中

 私は今、久々の「自主作品」(仕事ではなく自分の意志での作品)の作曲に取り組んでいます。実は、着手したのは去年の5月なのですが、諸般の事情により、非常に遅いペースでの作業となっています。これは「仕事作品」ではないので、スケジュールの中での優先順位を上げることは出来ません。しかし、この「自主作品」それ自体の存在は、私にとっては最重要です。現在進行中のその作曲についての「思い」の類いは“ノーコメント”としておこうと考えています。言葉が楽曲に対して妙なラベリングを成立させてしまうかもしれない、という事を避けたいと思うのであります。それに、“説明によって成り立つ楽曲”にはしたくない、という気持ちもあります。いずれにせよ、完成したらお知らせ致します。まだ時間がかかります。

音楽ブログランキング
posted by Mastin at 09:18| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

音詩第3番「秋のロンド」の楽譜がピティナ/ミュッセから発売されました。

試聴↓
https://www.youtube.com/watch?v=ksnmZHbZol8&feature=youtu.be
 この作品には、秋の自然あるいは里山の風景が描かれています。その風景の中には人がいます。その人が誰なのかという事は、この楽曲を演奏する人や鑑賞する人がそれぞれ想像し、その光景をこの曲のイメージとして優先させてください。
 秋は実りの季節です。ここで言う実りとは必ずしも農作物だけを指すのではなく、人の行為や心の事も指しています。それらの実りを分かち合えば、寒い冬も乗り越えやすくなるでしょう。もうお分かりのように、ここでの「実り」も「冬」も、そして「秋」も比喩です。よって、その意味において、この楽曲は1年を通して演奏していただける作品だと思います。

楽譜はピティナ/ミュッセより発売中です。
http://www.musse.jp/scores/detail/PTNA-011551


にほんブログ村

音楽ブログランキング
posted by Mastin at 09:07| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする